TOP> 先輩インタビュー
INTERVIEW07
2015年オープンの入間店。
新たな挑戦を楽しむ。

プロストック入間店
長谷川一輝
(2013 年月入社)

ものづくりに興味があって工業高校に進学しました。そこで工具や機器に多く触れていたこともあり、小泉の事業に親しみを感じたのが最初のきっかけです。人と話すことが好きだったこともあり、学校で学んだことを生かしながら接客もできるプロストックで働きたいと、入社を志望しました。
トライ&エラーで
店舗を軌道に乗せていく。

プロストック入間店は2015年にオープンした新店舗です。私は店長補佐として新商品の導入、販売戦略の立案、セールの企画、近隣工務店への営業活動など幅広く任されています。運営は店舗主導。自分たちの裁量で集客や売上アップのために様々な取り組みを行っています。その分、成功したときの達成感は大きいですね。挑戦を応援し、トライ&エラーを許容してくれる会社。失敗を恐れず積極的になることができる、恵まれた環境だと思います。
将来は事業全体を見渡すポジショ
ンで活躍したい。
将来は事業全体を
見渡すポジションで活躍したい。

まずは店長へとステップアップすることが第一の目標です。その先は、エリアマネージャーとして複数店舗に携わり、ゆくゆくはプロストック事業全体に関わっていけるようになりたいと考えています。当社は、頑張りを正当に評価してくれるので目標に向かって頑張るだけです!それに入間店は新店舗ですから、新しいことにもどんどんチャレンジしてノウハウを築いていけるチャンスがあります。挑戦を楽しめる方と働けたら嬉しいですね。