TOP> 先輩インタビュー
INTERVIEW07
自分の価値を見出せる環境。

販売職 プロストック千葉市川店
須藤 賢一
(2017年入社)

業界は特に絞らず、様々な業界の説明会に参加をしていました。その中で当社に出会い、“住宅”という人の生活に大きく関わる仕事に興味を持ちました。また、資格やスキルの取得を支援する自己啓発制度が充実しており、入社してからも学び、自分の価値が高められる環境があると感じました。
オープンしたばかりの
店舗のファンづくり。

“プロストック”は、何万種類もの工具や材料を扱うプロの職人さん向け専門店。私は、2018年10月にオープンした「プロストック千葉市川店」にて、店舗での接客・販売を行っています。まだオープンして間もないので、固定のお客様を増やしていくことが、現在店舗として最も注力をしているポイント。ご来店のお客様に「また来よう」と思ってもらえるようなご案内はもちろん、電話やFAXを使った新規顧客へのアプローチに力を入れています。
アプローチによって店舗の存在を知っていただき、ご来店に至ったお客様に声を掛けていただけることもあり、自分の働きかけが目に見えることにやりがいを感じるます。今後も、一人でも多くの店舗のファンをつくっていきたいです。
お客様のニーズと
こだわりに向き合う。
お客様のニーズと
こだわりに向き合う。

オープン当初にご来店されたお客様は、ご自身での事業立ち上げに伴って、第二種電気工事士資格の取得を目指していました。取得に向けての工具一式と、実技試験用の教材一式を購入いただいたのですが、一つ一つの工具の性能やデザインにまでこだわりの強いお客様で、ご希望に応えるための資料準備が大変だったのを覚えています。
ただその分、仕事にかける熱意や本気度を感じることのできた機会でもありました。お客様の話をじっくりとお伺いし、提案したことで、「ありがとう!」という言葉をいただき、その後も定期的にご来店をいただいています。お客様がどんなものを求めているか?そこに、とことん向き合うことで、信頼や感謝を実感できる仕事です。
最近買った車に乗ってドライブに行くことが趣味です。都内から出て、静岡や長野まで友達と遊びに行くことが多いですね。運転だけでなく、洗車も大好き!ピカピカになると、ストレスも解消される気がします(笑)。