TOP> 先輩インタビュー
INTERVIEW05
会社からの期待が大きなやる気に。

営業職 城南営業所
正村 弘平
(2016年入社)

父が水道工事店を営んでおり、昔から小泉との取引を行っていました。馴染みのある会社だったため興味を持ったのがキッカケです。選考に進み、最終面接の時に言われた「君はここで活躍できるよ」という言葉が印象に残り入社を決意しました。元々、業界や企業規模などに関係なく、“自分に合うかどうか”を重視していたので響きましたね。
お客様とお喋りする時間が
仕事の一番の楽しみです。

工務店様をはじめとしたお客様と、メーカーをつなぐ橋渡し役として住宅設備機器の販売を行っています。担当する企業は50~60社程度。営業所周辺エリアのお客様を中心に、困った時に頼ってもらえる営業となれることを目指しています。
忙しいお客様から信頼され、選ばれるには迅速な対応が必要です。見積もりなどをお出しするスピードもですが、やりとりの手間を少しでも効率化させるための質問方法などにも気を配っています。また、日々の何気ない会話の中で信頼関係を築いていくことも大切です。業界柄、フランクなお客様が多いので、変にかしこまらずに会話を楽しむことで少しずつ認めていただけることもありますね。私自身は、仕事の話に関わらず、お客様とお喋りする時間が一番の楽しみです。
差別化のポイントは、自分自身と、
ちょっとした工夫や心遣い。

ある水道工事会社様の案件で、競合他社に競り勝ち、依頼をいただけた時の仕事が印象的です。私たち商社はメーカーではないため、他社と取り扱う商品はほとんど同じで、ある意味代わりはいくらでもいると言えるかもしれません。その案件の時も、他社と同じ商品で、ほとんど同じ金額の見積もりを提出していました。
そんな中でも選んでいただけたのは、見積書に「ここをご確認ください!」といった手書きのしるしをつけたり、納品の方法やタイミングを工夫し、少しでもお客様の負担を減らそうとした提案が気に入っていただけたのだと思います。この仕事の差別化のポイントは、自分自身のキャラクターや、ちょっとした工夫や心遣い。だからこそ、選ばれた時には、自分自身が認められた感覚が強く、喜びも大きいですね。
趣味は釣りです。写真は静岡県の富士市に、仲間と行った時に釣ったタイ!深夜から移動をしたのでだいぶ眠そうですが(笑)、ヒットした瞬間はかなりテンションあがりました!