TOP> 先輩インタビュー
INTERVIEW01
飽きさせない商材・
事業の幅広さが魅力。

営業職 狭山営業所
大木 彩加
(2018年入社)

私は「様々なものが扱えておもしろそう」という理由から、商社の総合職を中心に就職活動を行っていました。最初はアパレル業界などを多く見ていましたが、最終的には物件や建物を見るのが好きだったことから住設関係に興味を持ち、その中でも商材の幅が広く、またグループ会社の業務内容も多様だった小泉を選びました。事業の幅が広い分、挑戦できることも多そうだと感じたためです。
今は質問することも仕事の一つです。

管材や住宅設備機器の販売を通して、建物に欠かせない配管工事行う水道工事店様やリフォーム工事店様、設備業者様などのお客様のサポートをすることが私の仕事です。日々お客様のもとへ訪問し、注文の確認や新製品の案内、商品の納品などをしていますが、ただ販売するだけでなく、お客様との信頼関係を築くことを大切にしています。
様々な商材を取り扱っているため、お客様から知らない商材やわからないことについて聞かれた時には、一度持ち帰り、先輩や上司に素直に質問をするようにしています。お客様側に確認すべきポイントなども覚えなければならないので、日々学ぶことだらけです。商材の幅が広いことは大変な部分ではありますが、おもしろい部分でもあります。身近なインテリアなどの商材のカタログなどは眺めているだけで楽しくなってきますね!
真摯に向き合うことで、
信頼してもらえる存在に。

入社して半年を過ぎた頃、週に1回以上の訪問と女性ならではの笑顔の対応を意識したことで、お取引が止まってしまっていたお客様から、再び発注をいただけるようになったことがありました。せっかく数年ぶりにいただけた発注ということで、他とは違うプレッシャーがありました。先輩から引き継いだ「既に関係が築かれているお客様」の場合は何かあっても融通を利かせてもらえる部分もありますが、関係が浅い段階では些細なことでもマイナスの印象を与えてしまうかもしれないからです。
そのため注文の内容や納品する商材に間違いがないか、上司にその都度確認してもらって進めました。結果として、その後も継続して発注をいただくことができています。今後も商材の知識を身につけ、お客様が困った時に思い出してもらえる存在になっていきたいと思います。
同期の女子グループで、日帰りで行ける範囲の遠出をすることがちょっとしたブーム!これまでには秩父に行って神社を回ったり、テーマパークに行ったりしました!リフレッシュして「また頑張ろう」と思えます!